年代別分析

効果的な育毛剤の年代別分析に関して

あなたは、年齢の割に髪が薄い、抜け毛がひどくて髪が生えてこない…と感じたことはありませんか。
若いうちからでも、髪が抜け落ちいつの間にか…ということは十分あり得ます。
何故でしょうか。
薄毛には、ホルモンバランスが関係しています。
男性ホルモンである「テストステロン」が、髪に悪影響を与える『ジヒドロテストステロン(DHT)』に変化してしまうと、ヘアサイクルが乱れ、抜け毛が多くなり、髪の状態が悪くなってしまうのです。

これは、20代だから関係ない話ということでは絶対にありません。
生活習慣が乱れていると、40、50代にならない内にはげてしまう可能性があるのです。

では若いあなたが、薄毛や抜け毛で悩んでいるとしたら、今からできることは何でしょうか。
それは、育毛剤です。
若いうちから育毛剤は躊躇してしまうかもしれませんが、初期の段階で育毛剤を使い頭皮を良い状態に保っておくと、髪が生えやすい環境が整い、とても効果的です。
若いうちは効果が出やすい、ということもあります。

同じく30代、40代の男性であっても諦める必要はありません。
しかし、どの年代でも共通して言えることは、『AGA』は、自然治癒はしないということです。
若くてもある程度年を取っていても、AGAだと分かった段階から、プロペシアのような抗アンドロゲン薬を使う必要があります。

このページの先頭へ