年代別分析

女性が男性用の育毛剤の使用に関して

よく男性が女性用のシャンプーを使う、という話を聴きますが、これはおかしいことでしょうか。
決してそんなことはない、とわかるでしょう。
いわゆる男性『向け』、女性『向け』に作られているのであって、そこに制約は存在しませんし、効果はどちらの性であっても同じく現れます。

同じように、髪の問題に悩む女性が男性『向け』の育毛剤を使用したり、逆に男性が女性『向け』の育毛剤を使用することは、間違いではありません。
もともと、育毛剤というのは、髪のライフサイクルを正常にする働きが備わっています。
髪が生えて、抜けるという一連の流れのことですね。
これを正常化するのは男性向けであっても女性向けであっても変わりません。

ではなぜ性別で分けられているのかというと、それらが男女それぞれの髪や頭皮の特徴を抑えた上で開発されているものだからです。
例えば女性用の育毛剤には、女性ホルモンの分泌を促す効果のある育毛剤があります。
逆に男性用の育毛剤には、簡単に言えば髪に悪影響を及ぼす男性ホルモンの働きを抑える効果のあるものがあります。
だから、『用』ではなく、『向け』なのです。
ですから結果的に言えば、それぞれのために開発された商品を使うならより高い効果を期待できるでしょう。
しかし、重要なのはそこではなく、きちんと続けて使うか、ということなのです。

このページの先頭へ