年代別分析

生え際に効果的なタイプについて

自分の髪が薄くなってきたな~と感じてしまう箇所はどこでしょうか。
最も若年層に多いのが、『生え際』から後退していくタイプです。
まず、生え際が後退してしまう原因としては、抜け毛があります。
シャンプーした時や、鏡の前で櫛を通した時、「あれ?何だか髪が抜けやすい…」と感じた方は、要注意です。

抜け毛が多くなる原因としては、食生活や睡眠の乱れ、ストレス、男性ホルモンの影響などがあります。
よくストレスが原因で『五円はげ』なるものを発症してしまった、という人がいますね。
普段の生活は髪の状態に大きく影響します。

一方、生活習慣が原因ではない場合があります。
それが、『AGA』、男性型脱毛症です。
この症状には、生活習慣は関係ありません。
これには、男性ホルモンが関係しています。

『5aリアクターゼ』という酵素の働きにより、『テストステロン』という男性ホルモンが変化して、抜け毛の原因となる『DHT(ジヒドロテストステロン)』が生成されてしまうのです。
この5aリアクターゼは、遺伝や体質が関係しています。
自分ではどうしようもないことがあるのです。

これに有効な育毛剤が、『プロペシア』といって、大元の原因である5aリアクターゼを育毛剤の力で抑制します。
自覚がある人は是非、専門機関を受診して有効な育毛剤を処方してもらうことをおススメします。


このページの先頭へ