年代別分析

育毛剤で男性ホルモン抑制する

ホルモンバランスが崩れると、体の各所に影響を及ぼします。
女性なら生理前後のホルモンバランスの乱れによって、体調を崩し、イライラすることがあります。
男性もホルモンの影響が顕著に現れやすい部分があります。
それが、頭髪です。

血中のテストステロン(ジヒドロテストステロンという物質に変化します)という男性ホルモンが多くなると、いわゆる「男性らしさ」が、ひげが濃くなるとか、抜け毛が多くなる、という症状によってあらわれます。
そのジヒドロテストステロンを生成させないために有効な育毛剤が、『フィナステリド』という育毛剤です。
プロペシア』という名前が付けられ育毛剤として販売されています。

抗アンドロゲン薬(ホルモンの働きを抑制する薬)の一種です。
医薬品フィナステリドを入手するためには、医師からの処方箋が必要です。

実際に、このプロペシアは抜け毛や薄毛を減少させることが、実験により明らかになっています。
日々の生活習慣の改善と併せ、プロペシアを用いていくなら、抜け毛や薄毛の改善効果を期待できるでしょう。

ちなみに、育毛剤は塗り薬であれ飲み薬であれ、飲んだらすぐ髪が生えてくるような魔法の薬はありません。
継続して使うことが、最も重要なのです。


このページの先頭へ